不肖・宮嶋が伝える侵略戦争の実態 名古屋で講演会、写真展も

ウクライナの現状を報告する報道写真家の宮嶋茂樹さん =29日午後、名古屋市北区の愛知学院大学・名城公園キャンパス(後藤徹二撮影)
ウクライナの現状を報告する報道写真家の宮嶋茂樹さん =29日午後、名古屋市北区の愛知学院大学・名城公園キャンパス(後藤徹二撮影)

戦争状態にあるウクライナを3月上旬から4月上旬にかけて取材した「不肖・宮嶋」の異名で知られる報道写真家、宮嶋茂樹さん(60)が29日、愛知学院大学・名城公園キャンパス(名古屋市)で講演し、約150人の来場者を前に、現地で撮影してきた写真をスクリーンに投影しながら、「国が侵略されるとどのようなことになるのか」と悲惨な状況について伝えた。

同キャンパスでは同日、宮嶋さんの写真展『緊急!! 今、ウクライナで起きている「地獄のような現実」』も始まった。

愛知学院大で始まった報道写真家の宮嶋茂樹さん(右端)による写真展=29日午後、名古屋市北区
愛知学院大で始まった報道写真家の宮嶋茂樹さん(右端)による写真展=29日午後、名古屋市北区

冒頭、学校法人愛知学院・中村見自理事長があいさつに立ち、「約2週間前に写真展の相談を受け、開催を決定して告知したのがわずか一週間前。ウクライナでの戦争を取材したものとしては国内で初めての写真展といえ、多くのかたに見ていただきたい」と述べた。

来賓として前官房長官・加藤勝信衆議院議員が登壇し、「ウクライナで起きている事態に対応するためにも、宮嶋さんが現地で見てこられたものを通じて多くの人が実態を知るということから始まる」と話した。

ウクライナの現状について報告する報道写真家の宮嶋茂樹さん =29日午後、名古屋市北区の愛知学院大学・名城公園キャンパス(後藤徹二撮影)
ウクライナの現状について報告する報道写真家の宮嶋茂樹さん =29日午後、名古屋市北区の愛知学院大学・名城公園キャンパス(後藤徹二撮影)

宮嶋さんはこれまでもアフガニスタンやコソボ、イラク戦争など数多くの戦争を取材してきた。それらの経験を踏まえ、講演の中で、「戦争では戦死した仲間の遺体を連れて帰るが、今回のロシアはそのままにして逃げていた」と振りかえる。

現地では、多くの民間人の犠牲者も目撃した。その中には子供も含まれていた。「ウクライナの自作自演ではないかという人もいるが、現地を見てきた立場からいうと、絶対にそんなことはない」と語気を強めた。

ウクライナの現状について報告する報道写真家の宮嶋茂樹さん =29日午後、名古屋市北区の愛知学院大学・名城公園キャンパス(後藤徹二撮影)
ウクライナの現状について報告する報道写真家の宮嶋茂樹さん =29日午後、名古屋市北区の愛知学院大学・名城公園キャンパス(後藤徹二撮影)

講演後、宮嶋さんは早ければ5月初旬にも再びウクライナに赴く予定で、「今はあくまで日本に一時帰国中」ときっぱり述べた。

写真展は5月20日(金)まで。(5月5日と日曜日を除く)。入場無料。

今回のウクライナでの取材をまとめた書籍も文藝春秋から緊急出版する予定。

(坂本慎平)

愛知学院大に展示された報道写真家の宮嶋茂樹さんによる写真=29日午後、名古屋市北区
愛知学院大に展示された報道写真家の宮嶋茂樹さんによる写真=29日午後、名古屋市北区
ウクライナの現状について報告する報道写真家の宮嶋茂樹さん =29日午後、名古屋市北区の愛知学院大学・名城公園キャンパス(後藤徹二撮影)
ウクライナの現状について報告する報道写真家の宮嶋茂樹さん =29日午後、名古屋市北区の愛知学院大学・名城公園キャンパス(後藤徹二撮影)
ウクライナの現状について報告する報道写真家の宮嶋茂樹さん =29日午後、名古屋市北区の愛知学院大学・名城公園キャンパス(後藤徹二撮影)
ウクライナの現状について報告する報道写真家の宮嶋茂樹さん =29日午後、名古屋市北区の愛知学院大学・名城公園キャンパス(後藤徹二撮影)

会員限定記事会員サービス詳細