原爆追悼祈念堂で焼き肉 礼拝所不敬容疑で男逮捕

長崎市の平和公園内にある「長崎市原子爆弾無縁死没者追悼祈念堂」の焼香台で精肉を焼くなどしたとして、長崎県警浦上署は29日、礼拝所不敬の疑いで、同市浜平の職業不詳の男(52)を逮捕した。

市によると、25日ごろから飲食した跡や、缶酎ハイが入ったバッグなどの荷物が放置されているのが確認されていた。28日には焼けた鶏肉やごみが散乱しており、市職員が警察に通報した。

逮捕容疑は27日朝から28日朝までの間に、祈念堂の焼香台で精肉などを焼いたとしている。

祈念堂には、引き取り手のいない原爆犠牲者の遺骨約9千柱が納められている。24時間立ち入りが可能。

会員限定記事会員サービス詳細