首相、アジア・欧州歴訪へ出発 「平和を守るための訪問」

岸田文雄首相(矢島康弘撮影)
岸田文雄首相(矢島康弘撮影)

岸田文雄首相は29日午前、インドネシア、ベトナム、タイ、イタリア、英国の計5カ国を歴訪するため、政府専用機で羽田空港を出発した。首相は出発前、各国首脳とウクライナ情勢での連携や法の支配など「自由で開かれたインド太平洋」の実現に向けた協力を確認する考えを強調し、「平和を守るための訪問を行いたい」と述べた。同空港で記者団の取材に答えた。

会員限定記事会員サービス詳細