観光船引き揚げ「可能な限り対応」と運航会社社長

記者会見する「知床遊覧船」の桂田精一社長 =27日午後4時52分、北海道斜里町
記者会見する「知床遊覧船」の桂田精一社長 =27日午後4時52分、北海道斜里町

国土交通省は29日、北海道・知床半島沖で乗客乗員26人が乗った観光船「KAZU Ⅰ(カズワン)」=19トン=が遭難した事故で、救助要請があった付近の水深約120メートルの海底に沈んでいるカズワンが見つかったことをうけ、運航会社の桂田精一社長(58)が船体引き揚げに関し「可能な限り対応したい」と話したと明らかにした。

会員限定記事会員サービス詳細