植松死刑囚側が再審請求 相模原障害者施設殺傷事件

横浜地方裁判所
横浜地方裁判所

相模原市の知的障害者施設「津久井やまゆり園」で入所者ら45人が殺傷された事件で、殺人などの罪に問われ、死刑判決が確定した元職員植松聖死刑囚(32)側が横浜地裁に再審を請求したことが29日、地裁への取材で分かった。請求は1日付。地裁は既に受理、再審開始の可否を判断する。

植松死刑囚は横浜地裁の裁判員裁判で罪を認め、弁護側は大麻による精神障害で心神喪失状態だったと無罪を主張。地裁は令和2年3月の判決で、刑事責任能力を認定し「19人もの人命が奪われ、結果は他の事件と比較できないほど甚だしく重大」として求刑通り死刑を言い渡した。

弁護人は判決を不服として控訴したが、植松死刑囚が控訴期限前に取り下げ、死刑が確定した。

会員限定記事会員サービス詳細