心地よく、自分らしく

メンズメーク、まずは顔立ちの分析を

男性の化粧品市場は近年、拡大しています。スキンケア用品、メーキャップ用品、制汗剤などを含めた市場規模は約373億円(令和2年時点)に上り、平成28年と比べると約12%拡大しています。

「メンズ美容」というと、以前はムースやワックスなどのヘアケアが中心でしたが、最近は肌や顔の印象を良く見せる化粧品の売り上げが伸びており、男性の美容意識が高まっていることが分かります。

なぜ今、「メンズメーク」が注目されているのでしょうか。若者世代では男性K―POP(韓国)アイドルの影響が大きいです。英ロック歌手、デヴィッド・ボウイをはじめ、これまでもメークをする男性アーティストはいましたが、それは自分を個性的で特別な存在に見せるためのものでした。片や、韓国アイドルのメークは大衆受けを狙っており、今やファッションとして、自分を魅力的に見せる自然なメークが流行しています。

若者だけでなく、30代以上の大人の男性にも、メークの習慣が浸透しています。それは女性の社会進出が影響していると考えられます。男女雇用機会均等法が施行された昭和61年以降、それまでは男性だらけだった職場に女性が増えると、人々は身だしなみに気を配り、清潔感を意識するようになりました。

今は性別・世代を問わず誰もがメークをする時代。なりたい自分を演出できるメークは「セルフプロデュース」を支える選択肢の一つです。

一方で、「メークをしてみたいが何から始めたらいいか分からない」という男性も多いと思います。まずは自分の顔の系統を知りましょう。私と研究員で共同開発した男性版顔立ちマップをご活用ください。「平均顔」と比較して自分の顔立ちを分析すれば、どのような印象を持たれやすいか知ることができます。

自分の顔の特徴を知ったら、次はメークでなりたい印象に近づけてみましょう。それには眉で印象をコントロールするのが効果的です。例えば、左上の顔立ちの方は洗練されたクールな印象ですが、眉をやや丸みを持たせたアーチ状に描いたり、角度を弱めたりすることで、優しい印象にすることができます。

メンズメークをしてみたい人の要望はさまざま。メークをしていることを知られたくない人もいると思います。そんな方も眉なら手軽に、印象をがらりと変化させることができます。


■中村潤(なかむら・じゅん) CM、雑誌などのヘアメークのほか、パリ メンズ ファッションウイーク(パリコレクション)では多数のブランドでヘッドアーティストとして活動。レディース、メンズ、洋装、和装などの撮影に長年携わる。YouTubeで「メンズグルーミング チャンネル」を開設し、情報を発信している。


会員限定記事会員サービス詳細