池袋暴走事故遺族を中傷、侮辱容疑で20代男書類送検へ

警視庁=東京都千代田区霞が関
警視庁=東京都千代田区霞が関

平成31年4月の池袋暴走事故で妻子を亡くした松永拓也さんに対し、交流サイト(SNS)で「(活動は)金目当て」などと誹謗(ひぼう)中傷する内容が投稿された問題で、警視庁捜査1課は、愛知県に住む20代の男を侮辱容疑で28日に書類送検する方針を固めた。27日、捜査関係者への取材で分かった。

捜査関係者によると、男は容疑を認め「松永さんに情報共有するため」などと説明しているという。

男は3月11日、松永さんのツイッターアカウントに対し「金や反響目当てで闘っているようにしか見えませんでした。そんな父親、天国の莉子(りこ)ちゃんと真菜(まな)さんが喜ぶとでも」などと投稿し、松永さんを公然と侮辱した疑いが持たれている。

松永さんから相談を受けた警視庁が、過去の投稿などから男を特定。愛知県内の自宅を家宅捜索し、押収した携帯電話を解析したところ、松永さんに対する悪質な書き込みが確認され、関与を認めたという。

会員限定記事会員サービス詳細