ノーマスク呉市議が提訴 「大きな力」と陰謀主張

飛行機内でマスク着用を拒否し出発を遅らせた広島県呉市の谷本誠一市議(65)が28日、AIRDO(エア・ドゥ)と北海道警釧路署を相手取り、降機命令の取り消しやマスク不着用で搭乗する権利の確認を求め、広島地裁に提訴した。谷本氏は「大きな力が働いてコロナ禍が作り出されている」と新型コロナウイルス感染拡大が陰謀だと主張した。

呉市で記者会見を開いた谷本氏は「感染蔓延(まんえん)を見せかけるためにマスクが推奨されている」などと持論を展開。リーダーらが逮捕されたワクチン接種に反対する団体「神真都(やまと)Q」との関係は否定した。

谷本氏は2月、釧路―羽田便でマスク着用を拒み、搭乗を断られた。谷本氏によるとその際、釧路署員が機体から降りるよう求めたという。

会員限定記事会員サービス詳細