中アで長崎の男性遭難死 23日入山、滑落か

長野県警駒ケ根署は28日、中央アルプス空木岳(2864メートル)に入山し、行方不明になっていた長崎市若竹町の無職辻明彦さん(68)を発見、死亡が確認されたと明らかにした。辻さんは登山道から約100メートル下で発見された。何らかの理由で滑落したとみている。

駒ケ根署によると、辻さんは23日、単独で3泊4日の予定で入山。26日に下山予定だったが連絡がないため、妻が長崎県警に届けた。

会員限定記事会員サービス詳細