審判と関係改善へ意見交換 NPBと選手会

2回、ロッテ・佐々木朗(手前左)に詰め寄る球審の間に入る捕手の松川(奥右)=京セラドーム
2回、ロッテ・佐々木朗(手前左)に詰め寄る球審の間に入る捕手の松川(奥右)=京セラドーム

日本野球機構(NPB)と日本プロ野球選手会の事務折衝が28日、オンラインで行われ、審判員と選手の関係改善へ向け意見交換した。

24日にはロッテの佐々木朗希投手がオリックス戦で判定への反応を巡って白井一行球審に詰め寄られ、騒動となった。選手の間では以前から審判員の技量や態度に不満の声もあるといい、選手会の加藤諭事務局次長は「もっとコミュニケーションの取り方があるのではないかと話をしていきたい」と述べた。

今季終了後の導入を前提に協議している現役ドラフト制度については、早期に12球団で運用ルールをまとめることを選手会が要望した。

会員限定記事会員サービス詳細