高木美帆、始球式で躍動感

試合前 始球式で投球する高木美帆=東京ドーム(撮影・長尾みなみ)
試合前 始球式で投球する高木美帆=東京ドーム(撮影・長尾みなみ)

北京冬季五輪のスピードスケート女子1000メートルで金メダルに輝いた高木美帆(日体大職)が28日の日本ハム-オリックスで始球式を行った。4年ぶり4度目の〝登板〟で「前回は届くように投げた記憶がある。今回は思い切り投げてみたい」と躍動感あるフォームで投じた球は捕手の手前でバウンドし、少し悔しげな表情を浮かべた。

球団の本拠地北海道出身で「一緒に北海道を盛り上げていけたら」と笑顔。日本ハムの佐藤は五輪女子団体追い抜きでともに戦った佐藤綾乃(ANA)のいとこで「さらに親近感がある」とほほえんだ。

会員限定記事会員サービス詳細