池江璃花子V、アジア大会有力 競泳日本選手権開幕

女子50メートルバタフライを25秒49で制し、タイムを確認する池江璃花子=横浜国際プール
女子50メートルバタフライを25秒49で制し、タイムを確認する池江璃花子=横浜国際プール

競泳の日本選手権は28日、9月の杭州アジア大会(中国)代表の追加選考会を兼ねて横浜国際プールで開幕し、50メートルバタフライの女子は池江璃花子(ルネサンス)が25秒49で勝ち、派遣標準記録も突破して代表入りが有力となった。男子は田中優弥(新潟医療福祉大職)が派遣標準をクリアする23秒19で優勝した。

男子400メートル個人メドレーは世界選手権(6月開幕・ブダペスト)代表の瀬戸大也(TEAM DAIYA)が4分9秒07で頂点に立った。

100メートル平泳ぎの男子は武良竜也(ミキハウス)、女子は青木玲緒樹(ミズノ)が優勝。女子400メートル自由形は難波実夢(JSS)が3年ぶりに制し、男子100メートル自由形は中村克(イトマン東進)が8連覇した。

会員限定記事会員サービス詳細