国民との相互推薦白紙も 維新代表、参院選の合意破棄なら

会見で記者からの質問に答える日本維新の会の松井一郎代表=28日午後、大阪市役所(矢田幸己撮影)
会見で記者からの質問に答える日本維新の会の松井一郎代表=28日午後、大阪市役所(矢田幸己撮影)

日本維新の会の松井一郎代表は28日の記者会見で、今年夏の参院選静岡、京都両選挙区(ともに改選数2)での選挙協力に向け、国民民主党との間で交わした合意文書が破棄された場合には、協力関係の柱だった相互推薦を白紙に戻す考えを示した。この場合、静岡選挙区に維新の独自候補を擁立する可能性があることも示唆した。

これに先立ち、国民の榛葉賀津也(しんば・かづや)幹事長は、両党が「政権交代を実現し日本再生に尽力する」と明記した合意文書の表現などを巡り、維新の藤田文武幹事長と「真摯(しんし)に協議している」と松山市で記者団に語った。一方、合意の白紙化をちらつかせる松井氏に対し「あまり上司が言わないほうがいい」と不快感を示した。

榛葉氏の発言を受け、松井氏は会見で「幹事長なのだから他党と話をするときは党内意見を集約してやってもらいたい」「国民民主の都合のよい形で便利使いされる覚えはない」と苦言を呈した。

会員限定記事会員サービス詳細