平城宮跡史跡指定100年キャラクターお目見え

平城宮跡史跡指定100年を記念したロゴとキャラクターを発表する奈良文化財研究所の職員ら=奈良市
平城宮跡史跡指定100年を記念したロゴとキャラクターを発表する奈良文化財研究所の職員ら=奈良市

世界遺産の平城宮跡(奈良市)が今年、国の史跡に指定され100年となるのを記念し、宮跡の調査研究に取り組む奈良文化財研究所(同市)が28日、公式キャラクター「キュートぐみ(宮都組)」を制作し、発表した。

キャラクターは、頭に瓦が付いた妖精「かわらびっとちゃん」や木簡を持つサルの妖精「さるまるくん」など6体。これまで宮跡で出土した遺物にちなみ、同研究所の職員がデザインしたという。

今後グッズの開発も予定。担当者は「子供や若い人に宮跡に興味を持ってもらうきっかけとなれば」と期待している。このほか、宮跡の過去と現在、未来をテーマにした記念のロゴも新たに制作した。

奈良時代に国の中枢で宮殿や役所が並んだ平城宮跡は住民らの保存運動を経て、大正11(1922)年に一部が国史跡に指定された。

会員限定記事会員サービス詳細