免許申請書類7千枚紛失、誤廃棄か 愛知県警

愛知県警本部=名古屋市
愛知県警本部=名古屋市

愛知県警は28日、津島署交通課で保管していた運転免許証の更新申請書計7328枚を紛失したと発表した。2月に不要文書を処分した際、誤って廃棄した可能性が高いという。既に免許は更新され申請者への影響はないが、規定で少なくとも5年間保存する必要がある。稲沢署でも同じ文書7760枚を紛失した可能性があると判明し、原因を調べている。

県警運転免許課によると、津島署が紛失したのは昨年12月と今年1月に申請された4732人分の氏名や電話番号などが記載された申請書で、段ボール箱2箱に保管していた。今月7日、文書整理中の署員が紛失に気づいた。

県警は26、27両日、津島署の紛失を受けて全署で緊急点検を実施し、稲沢署の事案が判明した。

会員限定記事会員サービス詳細