プール開きでパシャパシャ 水遊び楽しむ園児たち 仙台

水の感触を楽しむ園児たち=28日午前、仙台市若林区のドリーム幼稚園(奥原慎平撮影)
水の感触を楽しむ園児たち=28日午前、仙台市若林区のドリーム幼稚園(奥原慎平撮影)

仙台市若林区のドリーム幼稚園で28日、プール開きが行われ、約80人の園児たちが屋内プールで水遊びを楽しんだ。同園は10月末まで週に2、3回プール遊びを実施するという。

天井から日差しが差し込む屋内プールで5、6歳の年長組の園児が3クラスに分かれ、シャワーを浴びてから水に入っていった。当初恐る恐るだった子供たちも、水の感触に慣れるとパシャパシャと水しぶきを上げたり、備え付けの滑り台から滑り落ちたりして、歓声が響いていた。

この日の室温は29度、水温は24度とまずまずのプール日和となったが、遠藤愛菜ちゃん(5)は「滑り台は楽しかったけど、水はちょっと冷たかったな」と話していた。

会員限定記事会員サービス詳細