横浜M勝利、H組首位守る ACL1次リーグ

ホアンアイン・ザライ戦の前半、先制PKを決めた横浜M・マルコスジュニオール(右)を祝福する喜田=ホーチミン(ゲッティ=共同)
ホアンアイン・ザライ戦の前半、先制PKを決めた横浜M・マルコスジュニオール(右)を祝福する喜田=ホーチミン(ゲッティ=共同)

サッカーのアジア・チャンピオンズリーグ(ACL)は28日、ベトナムのホーチミンなどで東地区1次リーグ第5戦が行われ、H組の横浜Mは地元のホアンアイン・ザライを2―0で下し、4勝1敗の勝ち点12として同組首位を守った。ホアンアイン・ザライは同2。

横浜Mは前半にマルコスジュニオールがPKを決めて先制。後半にCKから畠中が加点した。

他の日本勢ではF組の浦和、J組の神戸の1次リーグ突破が決まった。5組に分かれた東地区の1次リーグは、各組1位と2位の成績上位3チームの計8チームが通過する。浦和は最下位以外との対戦成績、神戸は3チームで争うJ組で勝ち点7を獲得しており、2位となった場合でも規定の上位3チームに入ることが確定した。(共同)

会員限定記事会員サービス詳細