ボクシング京口「楽しみ大きい」 6月、メキシコで防衛戦

試合のパネルの前でポーズをとる京口紘人。右上が対戦相手のベルムデス
試合のパネルの前でポーズをとる京口紘人。右上が対戦相手のベルムデス

世界ボクシング協会(WBA)ライトフライ級スーパー王者の京口紘人(ワタナベ)が28日、東京都内で記者会見し、6月10日にメキシコ市で同級王者のエステバン・ベルムデス(メキシコ)と闘う4度目の防衛戦に向け「敵地でチャンスをいただけたのは光栄。緊張するが、楽しみな気持ちが大きい」と語った。

京口は昨年3月に3度目の防衛を果たした後、腕や脚などを負傷し試合から遠ざかっていた。順調に回復し、3月ごろからスパーリングを開始。負傷期間中のトレーニングを経て、右ストレートの威力が上がったそうで「焦って倒しにいかないが、中盤以降にチャンスは来る」と話した。

メキシコ市は標高2千メートルを超す。自宅に低酸素状態をつくり出すテントを設置するなど、高地対策も始めており「これからもっと順応すると思う。自信を持って、日本人が強いと証明したい」と力を込めた。

会員限定記事会員サービス詳細