春の褒章 688人20団体

高木美帆さん
高木美帆さん

政府は令和4年春の褒章受章者を28日付で発表した。受章者は688人(うち女性192人)と20団体で、発令は29日。学問や芸術分野で功績を残した人に贈られる紫綬褒章には、北京冬季五輪のスピードスケート女子1000メートルで金メダルを獲得した高木美帆さん(27)や作詞家の秋元康さん(63)、囲碁棋士の井山裕太さん(32)らが選ばれた。

紫綬褒章は計21人(うち女性3人)で、作家の島田雅彦さん(61)、映画監督の庵野秀明さん(61)、俳優の岡本健一さん(52)、東芝研究開発センター首席技監の高見則雄さん(62)にも贈られる。

危険を顧みず人命を救った人をたたえる紅綬褒章は6人(うち女性1人)。社会奉仕活動が対象の緑綬褒章は11人(うち女性10人)と20団体が選ばれた。その道一筋に励んだ人を顕彰する黄綬褒章は199人(うち女性17人)。公共の利益に貢献した人への藍綬褒章は、静岡市の保護司の大石弘子さん(76)ら計451人(うち女性161人)に決まった。

ヒット曲を連発「ただ夢中で」 作詞家の秋元康さん(63)

盤上の真理探究「精進したい」 囲碁棋士、井山裕太四冠(32)

会員限定記事会員サービス詳細