ガーナ、チュニジア、チリが参戦、6月のサッカーキリン杯

サッカー日本代表の森保監督
サッカー日本代表の森保監督

日本サッカー協会は28日、日本を含む4カ国がトーナメント形式で争う6月のキリンカップ(10日・ノエビアスタジアム神戸、14日・パナソニックスタジアム吹田)に、ガーナ、チュニジア、チリが参加すると発表した。日本は10日にガーナ、14日はチリかチュニジアと対戦する。

キリンカップ開催は6年ぶりで、ワールドカップ(W杯)カタール大会に備えた強化の場となる。日本の森保監督は「結果にこだわり、トロフィーを掲げられるよう戦いに臨みたい」と話した。

国際サッカー連盟(FIFA)ランキングは日本が23位。同60位のガーナ、35位のチュニジアは、アフリカ勢でともにW杯に出場する。チリはW杯南米予選で敗退したが、同28位と実力がある。

会員限定記事会員サービス詳細