倒木下敷きで町議長死亡 岩手・岩泉、伐採作業中

28日午前8時半ごろ、岩手県岩泉町袰綿の山林で、伐採作業をしていた同町議会議長の野舘泰喜さん(71)=同町袰綿一ツ苗代=が木の下敷きとなり、倒れているのを工事関係者が見つけた。野舘さんは搬送先の病院で死亡が確認された。岩手県警岩泉署は労災事故とみて調べている。

岩泉署によると、木は直径約30センチ、長さ約12メートル。野舘さんらは同日午前8時ごろから、砂防ダム建設工事に向けた立ち木の伐採を行っていたという。

会員限定記事会員サービス詳細