不明女児と類似の靴発見 人骨発見付近で右足側

規制線が張られた現場周辺に入る山梨県警の捜査車両=28日午前、山梨県道志村
規制線が張られた現場周辺に入る山梨県警の捜査車両=28日午前、山梨県道志村

山梨県警は、同県道志村の山中で、人骨の頭の一部が見つかった付近で、運動靴を発見したと28日、発表した。発見現場から約600メートル離れたキャンプ場では令和元年9月に千葉県成田市の小倉美咲さん(9)が行方不明になっているが、今回見つかった靴は、美咲さんが行方不明になったときに履いていた運動靴と類似している。

今回見つかったのは、右の靴。エメラルドグリーンで、サイズは20センチ。家族による美咲さんの情報を求めるチラシによると、当日、履いていた靴と同じだ。

ただ、県警では見つかった靴と美咲さんとの関係については、慎重に捜査するとしている。

人骨が見つかって26日から28日まで、県警では発見現場付近の捜索を30~40人態勢で実施しており、29日も捜索する予定だ。

会員限定記事会員サービス詳細