円安、一時129円台後半 日銀の金融緩和維持で

東京証券取引所=東京都中央区
東京証券取引所=東京都中央区

28日の東京外国為替市場の円相場はドルに対して下落し、一時1ドル=129円台後半を付けた。20日に付けた1ドル=129円43銭を突破し、2002年4月以来20年ぶりの円安ドル高水準を更新した。日銀が金融政策決定会合で大規模な金融緩和策を維持することを決めたと発表した後、急速に円が売られた。

景気を下支えするため金利を低く抑える日本と、インフレ抑制のため利上げにかじを切った米国の中央銀行の政策の違いが改めて意識され、より有利な条件で運用できるドルの需要が高まった。

正午現在は前日比70銭円安ドル高の1ドル=128円68~69銭。ユーロは40銭円高ユーロ安の1ユーロ=135円56~60銭。

会員限定記事会員サービス詳細