JR3社、2年連続赤字 コロナ禍、前期からは改善

記者会見するJR西日本の中西豊取締役兼常務執行役員=28日午後、大阪市
記者会見するJR西日本の中西豊取締役兼常務執行役員=28日午後、大阪市

JR旅客6社のうち北海道、東日本、東海、西日本の4社の2022年3月期連結決算が出そろった。本州3社の純損益は2年連続で赤字となり、赤字額の合計は2599億円に上った。前期の計1兆125億円からは大幅に改善したが、新型コロナウイルス禍による鉄道利用者減少が続いた。23年3月期は3社とも黒字転換を見込む。非上場のJR北海道の22年3月期は10億円の赤字(前期は410億円の赤字)となった。

赤字額が最も大きかったのがJR西日本で、1131億円(前期は2331億円の赤字)だった。新幹線の利用客数がコロナ前の5割弱にとどまるなど厳しい事業環境が続いた。今後の鉄道利用について「今年12月末までに9割程度まで戻る」(担当者)と想定する。JR東日本の赤字は949億円で、前期の5779億円からは大きく縮小したが、通勤定期の収入回復が鈍かった。

会員限定記事会員サービス詳細