「国持たぬ民族」に共感、嵐莉菜 映画「マイスモールランド」

「主人公に感情移入して演じた」と話す嵐莉菜(飯田英男撮影)
「主人公に感情移入して演じた」と話す嵐莉菜(飯田英男撮影)

「国を持たない世界最大の民族」と呼ばれ、トルコやイラクなど中東各地に住むクルド人。しかし居住している国の迫害などから逃れ、難民として諸外国に移住する人々も多い。在日クルド人も少なくないが、日本で難民認定されることは極めて困難という。来月公開される映画「マイスモールランド」(川和田恵真監督、日仏合作)は、そんな在留資格を失った在日クルド人家族の姿を描いている。主人公のクルド人の女子高校生を演じたモデルの嵐莉菜(17)に作品について聞いた。

主人公である17歳のサーリャは幼い頃に来日。現在は埼玉の高校に通い、同世代の日本人と変わらない生活を送っている。しかし、外見から「いつお国に帰るの?」といった言葉を掛けられ、傷つく場面が出てくる。

5カ国にルーツを持つ嵐も、主人公と同じ体験をしてきた。「私も外国人にみられ、日本生まれの日本育ちなのに『どこから来たの?』と聞かれ、いつも複雑な気持ちになっていた」

嵐が幼少期から抱えてきた葛藤は、主人公と同じだ。「オーディションを受けたとき、この役を絶対に演じたいと思った。サーリャは日本人として日本で生活したいのに、それを周囲は許してくれない。私にとっても日本は母国なのに、別物のように感じることもあり、自分自身を主人公に重ねて演じていた」

日本のクルド人問題については、本作のオーディションをきっかけに知ったという。撮影前のワークショップでは実際に在日クルド人の家庭を訪問し、クルド人の暮らしぶりを体験し、話を聞いた。

「民族のことやクルドについての話や日本で生活している上での不自由さなどを聞いて、勇気をもらった部分もあれば、胸が締めつけられた部分もあった。クルド人家族の置かれた状況が映画と重なり、絶対にこの作品を成功させたいと思った」

本作には嵐の実際の家族が、主人公の家族として登場している。「家族の前で演技するのが最初は恥ずかしかった。でも本当の家族だからこそ出せる雰囲気が映画の中にあるのでは」

主人公に自分自身を投影させた嵐の自然体の演技が光る本作。「重めなテーマだが、その中に恋愛や青春も描かれ、家族との温かいシーンや悲しいシーンなどいろいろな感情が詰まった映画。本当に多くの人が共感できる映画だと思う。クルドのことだったり、国籍のことだったり、何かを感じてもらえればうれしい」

ベルリン国際映画祭でアムネスティ国際映画賞・特別表彰を授与された。5月6日から東京・新宿ピカデリー、大阪ステーションシティシネマなどで全国公開。奥平大兼、藤井隆、池脇千鶴、平泉成らが共演。1時間54分。(水沼啓子)

あらし・りな 平成16年生まれ、埼玉県出身。講談社主催のオーディション「ミスiD2020」でグランプリ&ViVi賞のW受賞。令和2年から雑誌「ViVi」で専属モデルとして活躍中。母親が日本とドイツのハーフ、父親がイラン、イラク、ロシアにルーツを持つ。

会員限定記事会員サービス詳細