TOTOの4年3月期決算は売上高過去最高

記者会見するTOTOの白川敬副社長(中央)ら=北九州市小倉北区
記者会見するTOTOの白川敬副社長(中央)ら=北九州市小倉北区

TOTOが28日発表した令和4年3月期連結決算は、売上高が前期比11・7%増で過去最高の6453億円、最終利益が同48・8%増の401億円で、増収増益だった。原材料価格の高騰や部品調達の遅れなどが影響したものの、新型コロナウイルス感染拡大による衛生意識の高まりなどを受けて国内外ともに需要が堅調だった。

営業利益は522億円(同31・6%増)、経常利益は569億円(同38・6%増)で、いずれも過去最高となった。

国内のリモデル(リフォーム)事業は、温水洗浄便座「ウォシュレット」などの部品調達が滞った影響で増収減益だったが、海外事業は中国、台湾などが好調で増収増益だった。半導体市場の活況により、セラミック事業は営業利益が同5・1倍の93億円だった。

5年3月期の業績予想は売上高7100億円、最終利益415億円とした。国内事業は原材料価格の高騰や部品調達の遅れの影響は続くものの、今年10月以降、製品価格を2~20%程度値上げする効果などで増収増益を見込む。海外は米州事業での物流費高騰が継続する見通しであることなどから増収減益とした。

白川敬副社長は北九州市で記者会見し「国内の部品調達の遅れも下期には改善してくるだろう。付加価値の高い新商品を提供し、需要を伸ばしていきたい」と話した。急激に進む円安の影響については「部品の仕入れで損をする場合もあるが、大きな意味ではプラスになる」と説明した。

会員限定記事会員サービス詳細