中学校給食に金属片混入、けがなし 岐阜

岐阜市教育委員会は28日、市立精華中の給食で女子生徒(15)が食べたアサリのスパゲティに、長さ約3センチの針金状の金属片が混入していたと発表した。けがはなかった。

市教委によると27日午後、女子生徒が口の中に違和感を覚えて吐き出したところ金属片が見つかった。給食は校内で調理している。混入の原因は特定できなかった。

会員限定記事会員サービス詳細