経産相が米国出張へ エネルギーで協力確認

閣議後に記者会見する萩生田経産相=3月22日、国会
閣議後に記者会見する萩生田経産相=3月22日、国会

萩生田光一経済産業相は28日の閣議後記者会見で、5月2日から7日の日程で米国に出張すると発表した。米商務省と開催する会合や米エネルギー長官らとの会談で、エネルギー政策や半導体、輸出管理での協力を確認する。日本のスタートアップ(新興企業)創出後押しに向け、現地視察も行う。

萩生田氏は、ロシアによるウクライナ侵攻で「世界情勢が不安定化する中、有志国との連携が重要だ」と意義を強調。米側との会談で、エネルギー安全保障の確保や半導体のサプライチェーン(供給網)の強化を議論する考えを示した。

会員限定記事会員サービス詳細