リバプール、一方的勝利で決勝に前進 サッカー欧州CL

ビリャレアル戦で自身のプレーが相手のオウンゴールにつながり喜ぶリバプールのヘンダーソン=リバプール(ロイター=共同)
ビリャレアル戦で自身のプレーが相手のオウンゴールにつながり喜ぶリバプールのヘンダーソン=リバプール(ロイター=共同)

サッカーの欧州チャンピオンズリーグ(CL)は27日、英国のリバプールで準決勝第1戦の1試合が行われ、3季ぶりの優勝を目指すリバプール(イングランド)がホームでビリャレアル(スペイン)を2―0で下して先勝した。

リバプールが一方的な内容で第1戦を制し、3季ぶりの決勝進出へ大きく前進した。クロップ監督は「2―0でハーフタイムを迎えた」と慎重に話したが、攻守においてビリャレアルとの力の差を見せつけた。

前半は自陣に引いて守備に徹した相手を攻めあぐねたが、後半8分にヘンダーソンの右クロスが相手に当たって入る幸運なゴールで先制。その2分後にはサラーのパスをマネが押し込んだ。我慢強い試合運びも光り、試合の最優秀選手に選ばれたティアゴは「相手がどんな戦い方をしても、対応できる選手がそろっている」と自信を示した。(共同)

会員限定記事会員サービス詳細