「対抗措置は電撃的だ」 プーチン露大統領、核使用改めて示唆

ロシアのプーチン大統領(ロイター=共同)
ロシアのプーチン大統領(ロイター=共同)

ロシアのプーチン大統領は27日、ウクライナ侵攻に第三国が干渉し、ロシアに「戦略的脅威」を与えた場合、その国は「ロシアの対抗措置が電撃的だと知ることになる。ロシアはそのための手段を持っており、その使用に必要な決定もなされている」と述べた。プーチン氏は核兵器と直接は言及していないが、核兵器を使用する可能性を示唆したとみられる。

ロシア第2の都市サンクトペテルブルクで開かれた議会関係者との会合での発言をタス通信が伝えた。プーチン氏は米欧諸国を威圧し、ウクライナへの兵器供与の見直しを迫る思惑だとみられる。侵攻が長期化し、露軍の損害が拡大していることへのいらだちが表れた可能性もある。

プーチン氏はまた、「将来的な平和と安全保障を確保するために、特別軍事作戦(侵攻の露側呼称)の全ての任務は無条件で達成されるだろう」と述べ、今後も侵攻を継続する意思を改めて示した。

プーチン氏は侵攻開始から3日後の2月27日、北大西洋条約機構(NATO)がロシアに攻撃的な姿勢を強めているとして、核戦力を「戦闘準備態勢」に移行させるようショイグ露国防相らに指示していた。

会員限定記事会員サービス詳細