中国人夫婦、知人刺し2500万円強奪図る 大阪府警逮捕

大阪府警本部=大阪市中央区
大阪府警本部=大阪市中央区

金銭トラブルのあった中国人の男性(39)を刺し、現金約2500万円を奪おうとしたとして、大阪府警国際捜査課と浪速署は28日、強盗殺人未遂の疑いで、いずれも中国籍で住所不定の無職、李云龍(リユンロン)(26)と妻、馬晨(マーチェン)(31)の両容疑者を逮捕したと発表した。府警は認否を明らかにしていない。

逮捕容疑は3月30日午後10時50分ごろ、大阪市浪速区日本橋の路上で、男性の腹や胸などを刃物のようなもので刺し、現金約2500万円が入ったバッグを奪おうとしたとしている。夫婦はバッグを取り返され、そのまま逃走した。男性は全治2週間のけがだった。

府警によると、男性は大阪市内で飲食店を経営し、李容疑者は客だった。両者の間に金銭トラブルがあったとみられ、夫婦は交流サイト(SNS)で男性を現場に呼び出したという。

夫婦は事件翌朝にJR新大阪駅から関東方面に逃亡。27日に成田空港から中国へ出国しようとしたところを、府警の捜査員に見つかり逮捕された。

会員限定記事会員サービス詳細