元横綱稀勢の里が6歳下の女性と結婚 大相撲の二所ノ関親方

二所ノ関親方
二所ノ関親方

大相撲の元横綱稀勢の里の二所ノ関親方(35)=本名萩原寛、茨城県出身=が今年に入ってから6歳下の一般女性と結婚していたことが27日、関係者の話で分かった。

二所ノ関親方は昨年8月に田子ノ浦部屋から独立して荒磯部屋を創設。同12月には所属する一門で伝統の名跡「二所ノ関」を襲名し、部屋名称も二所ノ関部屋に変わった。夏場所(5月8日初日・両国国技館)後の6月には、茨城県阿見町に設立される新たな部屋でスタートする予定。

部屋は2月に尾車部屋から中村親方(元関脇嘉風)が転籍し、夏場所番付では力士16人が在籍。二所ノ関親方は初優勝した2017年初場所後、日本出身力士では19年ぶりの新横綱に昇進した。続く春場所は終盤戦で左大胸筋付近を負傷しながら、奇跡的な逆転優勝。けがの後遺症もあり、19年初場所限りで現役を引退した。

会員限定記事会員サービス詳細