隕石から塩基全5種の検出成功 はやぶさ2試料分析にも応用へ 北大など

オーストラリアに落下し、分析に使われた隕石(海洋研究開発機構提供)
オーストラリアに落下し、分析に使われた隕石(海洋研究開発機構提供)

北海道大などの研究チームは27日、太陽系が誕生したころの宇宙に存在した物質を豊富に含む炭素質隕石(いんせき)を、最新の超高感度分析技術で調べた結果、生物の遺伝情報を伝える物質、核酸を構成する5種類の塩基全ての検出に成功したと英専門誌の電子版で発表した。これまでは3種類しか見つかっておらず、地球の生命の源は約40億年前に宇宙から飛来したという説が、さらに補強された格好だ。

核酸は二重らせん状のDNA(デオキシリボ核酸)と1本鎖のRNA(リボ核酸)があり、いずれも塩基と糖、リン酸からなる。並び順で遺伝情報を表す塩基はDNAが4種類で、アデニンとチミン、グアニンとシトシンが二重らせんの間で塩基対となって並ぶ。RNAも4種類だが、チミンがウラシルに置き換わる。

これまで炭素質隕石から見つかったのはグアニン、アデニン、ウラシルの3種類だったが、研究チームは1969年にオーストラリアで見つかったマーチソン隕石など3つの炭素質隕石を、ごく微量の物質でも検出可能な超高感度の計測装置で再分析。その結果、5種類の塩基を検出できた。

既にリン酸や、RNAを構築する糖のリボースは見つかっていたことから、DNAを形作る糖のデオキシリボース以外、核酸に含まれる物質の大半が炭素質隕石にあったことになる。北大の大場康弘准教授は「地球の生命の根源である核酸の材料が、宇宙から飛来した可能性がさらに高まる結果となった」と話す。

今回使用した最新の分析手法は、探査機「はやぶさ2」が小惑星リュウグウから地球に持ち帰った試料への応用も予定している。リュウグウは今回の隕石と同じ炭素質で、地球誕生以前の物質の組成を隕石よりも良好な状態で保っているとみられる。研究チームはリュウグウ試料の分析にも参加しており、大場准教授は「地球上の生命や物質の進化への理解が飛躍的に進むのではないか」と語った。

会員限定記事会員サービス詳細