イラン、数週間で核製造も 米国務長官が公聴会で証言

ブリンケン米国務長官(AP)
ブリンケン米国務長官(AP)

ブリンケン米国務長官は26日、上院外交委員会の公聴会で証言し、イランが核兵器1個を製造するのに必要な高濃縮ウランを獲得するまでの期間「ブレークアウト・タイム」が、1年以上から数週間に縮まったとの見方を示し、懸念を表明した。イラン核合意の立て直しが核問題を解決する「最善の方法」だと改めて訴えた。

核合意再建に向けた米国との間接協議で、イランは指導部の親衛隊的な性格を持つ軍事部門、革命防衛隊のテロ組織指定解除を要求。米国と折り合いが付かず、協議は行き詰まっている。

ブリンケン氏は合意が守られていた段階では、イランが核兵器に必要な高濃縮ウランを得るために1年以上の期間を要していたと指摘。トランプ前政権が合意を離脱し、イランが核開発を進めたことで期間が「数週間」に縮まったと述べた。(共同)

会員限定記事会員サービス詳細