人骨発見の山梨・道志村で捜索再開 女児不明事件との関連調べる

人骨が発見された現場に向かう山梨県警の車両=27日、山梨県道志村(平尾孝撮影)
人骨が発見された現場に向かう山梨県警の車両=27日、山梨県道志村(平尾孝撮影)

山梨県道志村の山中で、人骨の頭の一部が見つかったことを受け、山梨県警は27日朝、付近の捜索を再開した。午前8時過ぎから、捜査員を乗せた県警の車両が現場に続く山道に入り、周辺の林などで、遺留品などを探している。

道志村では令和元年9月、家族でオートキャンプ場を訪れた千葉県成田市の小倉美咲さん(9)が行方不明になっている。このため県警では、人骨の性別や年齢の特定を急ぎ、関連を慎重に調べている。

県警によると、40代男性が23日、山道の脇で人の骨のようなものを発見。写真を撮って確認し、25日に道志村の駐在所に届け出た。26日に司法解剖をし、人骨で頭の一部と判明した。

発見場所は、美咲さんが行方不明になったキャンプ場から東に約600メートル。県警は26日に40人態勢で付近を捜索しており、連日の捜索となる。

山梨で発見の人骨は子供の骨か 不明女児との関連を慎重に捜査

会員限定記事会員サービス詳細