文氏「日本の右傾化」発言に松野官房長官「韓国新政権と緊密に意思疎通」

松野博一官房長官(矢島康弘撮影)
松野博一官房長官(矢島康弘撮影)

松野博一官房長官は27日の記者会見で、韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領が韓国メディアの取材に対し、日韓関係悪化の原因は「日本の右傾化」と主張し、尹錫悦(ユン・ソンニョル)次期政権下でも関係改善は「楽観できない」と述べたことに関し「日本の一貫した立場に基づき新政権と緊密に意思疎通していく」と述べた。

松野氏は日韓関係について「旧朝鮮半島出身労働者問題や慰安婦問題などにより非常に厳しい状況だ」と指摘。その上で「国と国との約束を守ることは国家の関係の基本だ。滞在中の韓日政策協議代表団とのやり取りを含め、新政権側の立場をよく見極め、日韓関係を健全な関係に戻すべく意思疎通していく」とした。

文氏は韓国メディアの取材に対し「安倍(晋三)政権で日本の右傾化が進み、韓日関係が悪化したのは明らかだ」などと主張した。松野氏は右傾化の指摘に対する見解は述べなかった。

会員限定記事会員サービス詳細