国連決議「説得力ない拒否権に効果」 松野官房長官が歓迎

会見する松野博一官房長官=27日午前、首相官邸(矢島康弘撮影)
会見する松野博一官房長官=27日午前、首相官邸(矢島康弘撮影)

松野博一官房長官は27日の記者会見で、国連安全保障理事会常任理事国の拒否権行使に説明責任を負わせる国連総会決議の採択を歓迎した。ウクライナ侵攻をめぐるロシアの対応を念頭に「説得力のない主張に基づく拒否権行使に一定の効果が期待される」と述べた。

決議には日本も共同提案国に加わった。松野氏は「引き続き積極的に国連改革の議論に貢献していきたい」と語った。

会員限定記事会員サービス詳細