「衛星携帯電話は故障で修理中」運航会社社長

観光船「KAZU Ⅰ」(知床遊覧船のホームページから)
観光船「KAZU Ⅰ」(知床遊覧船のホームページから)

観光船「KAZU I」(カズ・ワン)の遭難事故をめぐり、運航会社「知床遊覧船」の桂田精一社長は27日の会見で、従業員を一斉に解雇し、指導不足など会社の管理体制について問われ、「(新たに)雇い入れた2人は皆さんベテラン。教育を含めてお願いしていた」と説明した。

また、衛星携帯電話について、「私は積んでいたと認識していたが、故障中で修理に出していると聞いている」と話した。

26日に3回行われた家族への説明会のうち、2回を欠席した理由については「家族とやりとりをして、航空券の手配などをする必要があったため」と説明。国土交通省などが記者会見を促していたにもかかわらず、実施が遅れたことについては「(事故について)あまり大きくしないでほしいという家族がいたため」と釈明した。

会員限定記事会員サービス詳細