中国海軍の測量艦が鹿児島・口永良部島の領海に進入 目的は不明

防衛省=東京・市ヶ谷(斎藤浩一撮影)
防衛省=東京・市ヶ谷(斎藤浩一撮影)

防衛省は27日、中国海軍の測量艦1隻が鹿児島県の口永良部島や屋久島の領海内に約3時間にわたり侵入したと発表した。中国海軍艦艇の領海侵入は昨年11月に付近で測量艦が侵入して以来5度目。目立った測量活動は確認されなかったが、政府は大使館ルートで中国に懸念を伝達した。

海上自衛隊は26日午後8時半ごろ、口永良部島西の日本の接続水域を東へ進む中国海軍「シュパン級測量艦」1隻を確認した。同艦は午後11時ごろ、同島西の日本の領海に侵入した後、口永良部島東側の屋久島方面に向かい、翌27日午前2時10分ごろ、屋久島南の領海外へ出て南東に向かった。

目的不明のため、防衛省は国連海洋法条約上、領海内の航行が許される「無害通航」に当たらないか確認している。

海自護衛艦「おおなみ」(横須賀)や海上保安庁巡視船が情報収集、警戒監視に当たった。

会員限定記事会員サービス詳細