5億円脱税疑いで2人逮捕 不動産会社の実質経営者ら

東京地検が入る中央合同庁舎6号館A棟=東京都千代田区(大西史朗撮影)
東京地検が入る中央合同庁舎6号館A棟=東京都千代田区(大西史朗撮影)

東京地検特捜部は27日、法人税など5億円超を脱税したとして、法人税法違反などの疑いで、東京都世田谷区の不動産関連会社「ラッキー」の実質的経営者、江崎純容疑者(54)と、同社の経理責任者、長瀬一生容疑者(47)を逮捕した。

逮捕容疑は、同社の業務に関し、架空販売用の不動産原価を計上する方法で、平成28年4月期から30年4月期の法人税と地方法人税計約5億3400万円を免れたとしている。

会員限定記事会員サービス詳細