現在システムメンテナンス中です

会員記事の閲覧など一部サービスがご利用できません。
ご迷惑をおかけしますがご理解のほどよろしくお願いいたします。

2月27日(日)午前5時頃まで

サービス再開時間が前後する場合があります。

→詳細へ

正論

権威主義の中露に勝つ情報戦を 東京大学教授・阿古智子

阿古智子氏
阿古智子氏

ロシアとウクライナの争いについて、異なる「正義」の衝突の結果生じたのであり、一方を「悪」だと決めつけてはならないという議論がある。だが、問題が生じた背景を多方面から捉える必要はあるとしても、人間が自らどうありたいかを考えることさえ許さず言論・思想を厳しく統制する権威主義国家のやり方を受け入れるなら、それはヒューマニティの探究を放棄するのに等しいと言える。芸術も文学も学問も発展せず、差別や弾圧は続いていくだろう。

中国の研究者から見て

ロシア、中国をはじめとする権威主義国家の台頭が著しい昨今の世界情勢において、我々民主主義陣営は早くから、経済や安全保障の政策によって、コミュニケーションを通して、その勢いに圧力をかけることはできなかったのか。

ランキング

  1. 【一筆多論】拒否権が弄ばれた挙げ句 内畠嗣雅

  2. 【正論】私が若い頃から保守だったわけ エッセイスト・動物行動学研究家 竹内久美子

  3. 【風を読む】シェルター整備は首相の務めだ 論説副委員長・榊原智

  4. 【主張】免許更新制の廃止 教員の資質向上策明確に

  5. 【産経抄】5月17日

  6. 【主張】コロナ対策の強化 司令塔への権限集中を 病床確保は強制力伴う措置で

  7. 【正論】ウクライナ人の「決意」に学べ 防衛大学校教授・神谷万丈

  8. 【浪速風】国技が教えてくれる

  9. 【浪速風】獄死者も…祖国日本による救出を待つ同胞たち

  10. 【産経抄】5月16日

会員限定記事