藤井叡王、防衛戦は「出口六段、勢いある」28日に神田明神で開幕

第7期叡王戦の前日会見に臨む藤井聡太叡王=27日午後、東京都千代田区の神田明神(松井英幸撮影)
第7期叡王戦の前日会見に臨む藤井聡太叡王=27日午後、東京都千代田区の神田明神(松井英幸撮影)

将棋の藤井聡太叡王(19)=棋聖・竜王・王位・王将=に出口若武(わかむ)六段(26)が挑戦する第7期叡王戦五番勝負は28日、東京都千代田区の神田明神で開幕する。両者は第1局前日の27日、同本殿で成功を祈願し、対局場の検分などを行った。

出口六段は、藤井叡王より約2年半遅い平成31年4月にプロ入り(四段昇段)。8回目のタイトル戦となる藤井叡王にとって、後輩棋士との対戦は初めて。

両者は、出口六段が三段時代、新人王戦決勝三番勝負で激突し、藤井叡王(当時七段)が2連勝で新人王に輝いた。公式戦での対戦成績は藤井叡王の4勝1敗だが、直近の令和2年3月の棋王戦予選では出口六段が勝利している。

初防衛がかかる藤井叡王は「出口六段は良い内容で勝ち上がってきた勢いのある棋士。久々の公式戦で緊張を感じているが、それをプラスにして集中して臨めれば」と話した。

タイトル初挑戦での戴冠を目指す出口六段は、第1局が27歳の誕生日。「叡王戦は縁があると感じている。盤面に集中して、白熱した将棋が指せればと思っている」と意気込みを語った。

対局は午前9時開始。持ち時間各4時間で、28日夜には決着する見通し。

会員限定記事会員サービス詳細