維新、国民との合意白紙も 松井氏「協議長期化なら」

日本維新の会の松井一郎代表=27日午後、大阪市役所
日本維新の会の松井一郎代表=27日午後、大阪市役所

日本維新の会の松井一郎代表は27日、国民民主党と参院選での相互推薦のために交わした合意文書をめぐり、文言調整のための再協議が長期化した場合は合意を白紙に戻すよう維新執行部に伝えると述べた。「ぐちゃぐちゃと長引くなら、こちらから白紙に戻せと伝えようと思う」と大阪市役所で記者団に語った。

維新の藤田文武、国民の榛葉賀津也(しんば・かづや)両幹事長が26日に合意文書をめぐる再協議を行ったことに関し、松井氏は「進展なしと聞いている」と説明。国民の玉木雄一郎代表を名指しして「戦のときに味方と思っている人が背中から鉄砲を撃つような状況では一緒に戦えない」と不快感を示した。

文書には静岡、京都両選挙区での相互推薦に加え、両党が「政権交代を実現し日本再生に尽力する」との表記があり、国民内から異論が出ていた。

「政権交代」削除で相互推薦白紙 維新・松井代表


会員限定記事会員サービス詳細