ボクシングの性別変更選手、真道のプロテストを申請

WBC女子フライ級元王者の真道ゴー。性別適合手術を経て男子選手として活動を目指す=21日、大阪市
WBC女子フライ級元王者の真道ゴー。性別適合手術を経て男子選手として活動を目指す=21日、大阪市

ボクシングのグリーンツダジムの本石昌也会長は27日、世界ボクシング評議会(WBC)女子フライ級の元王者で、性別適合手術を経て男子選手としての活動を目指す真道ゴーのプロテスト受検申請を、統括する日本ボクシングコミッション(JBC)に提出したことを明らかにした。

5月15日に大阪市内で予定されているプロテストの受検を目指しているが、JBCが財政難のために3月末で解散し、新たな受検申請を受け付けていない状況という。本石会長は改めて返答する旨を伝えられたといい「前向きに捉えてもらっている」と語った。

会員限定記事会員サービス詳細