国民・玉木代表が連合会長に陳謝 維新と合意文書「手続きに瑕疵」

会談する国民民主党の玉木代表(右手前)と連合の芳野友子会長(左手前)ら=27日午前、東京都内
会談する国民民主党の玉木代表(右手前)と連合の芳野友子会長(左手前)ら=27日午前、東京都内

国民民主党の玉木雄一郎代表は27日午前、連合の芳野友子会長と東京都内で会談した。玉木氏は国民が日本維新の会と参院選に向けて合意した文書の内容を巡り再協議したことについて「手続きに瑕疵(かし)があった」と陳謝。「大型連休前には何らかの結論を出したい」と伝えた。

玉木氏は会談終了後、「維新にも迷惑をかけている。できるだけ早く決着させたい」と記者団に強調。26日に行われた国民の榛葉賀津也、維新の藤田文武両幹事長による再協議の結果を踏まえ、対応を急ぐ。

文書には参院選静岡、京都両選挙区での相互推薦に加え、両党が「政権交代を実現し日本再生に尽力する」との表記があり、国民内から異論が出ていた。芳野氏は相互推薦以外の合意文書の内容については事前に説明を受けていなかったと記者団に明らかにした。

会員限定記事会員サービス詳細