「政権交代」削除なら相互推薦は白紙 維新代表

夏の参院選の一部選挙区で相互推薦を決めた日本維新の会の藤田文武、国民民主党の榛葉賀津也両幹事長は26日、合意文書の内容をめぐり東京都内で協議したが、結論は出なかった。「政権交代を実現し日本再生に尽力する」などの表記に関して、国民内から異論が出ていた。

維新の松井一郎代表(大阪市長)は同日、「政権交代を実現」との文言が再協議で削除される場合、相互推薦を白紙とする考えを記者団に示した。「政権を担いたくない野党なんかあるのか。国民民主の玉木雄一郎代表が与党になりたいのなら組織同士の協力はしない」と強調した。

玉木氏は、政権交代など相互推薦以外の項目については必要な党内手続きを経ていなかったとしている。

会員限定記事会員サービス詳細