リニア静岡工区、湧き水「全量」戻す2案提示 JR東海

走行試験が進むリニア中央新幹線=山梨県笛吹市御坂町竹居(渡辺浩撮影)
走行試験が進むリニア中央新幹線=山梨県笛吹市御坂町竹居(渡辺浩撮影)

JR東海は26日、水源の湧き水流出による大井川の流量減少を懸念し、静岡県が着工を認めていないリニア中央新幹線の静岡工区について、県側が求めていた湧き水の「全量」を川に戻す方法案を発表した。流出分を量っておき後になって戻す方法と、上流部のダムで発電するための取水を抑制して川に還元する方法の2案で、同日に開かれる水資源への影響を協議する県の専門部会で説明する。

静岡県北端の南アルプス地下を通る静岡工区(8・9キロ)をめぐっては、工事の影響で湧き水が流出し、一帯を水源とする大井川の流量が減ると県が懸念。同社は湧き出た水の「全量」を川に戻すと表明し、国土交通省の有識者会議も昨年12月に「流量維持は可能」との中間報告をまとめた。

だが、同県はトンネルが両隣の山梨、長野両県とつながるまでの一定期間、両県側に流出して静岡県内に戻せない分があることを問題視。川勝平太知事は「戻し方は解決策が示されていない」と述べていた。

この日、同社は山梨県側に流出した分を戻す2案を提案。長野県側への流出分も両案をもとに検討する。

A案では県外流出分を計量しておき、トンネル開通後に山梨県内で生じた湧き水をポンプアップして静岡県側に移し、最終的に大井川に「戻す」方法だ。同社の試算では、想定される工事期間の10カ月に県外流出した全量を戻すのに約1年1カ月かかるとしている。

B案は大井川上流部の田代ダム(静岡市)で発電のために取水している水量を抑え、一部を常に大井川へ還元する方法。A案のように水を戻すまでにタイムラグが生じにくい。事業者の東京電力グループ会社の協力を得て実施するという。

そのほか、県外流出量自体を可能な限り減らす方策も示す予定。

会員限定記事会員サービス詳細