営利目的でMDMA密輸の疑い ベトナム人の男再逮捕

ドイツから麻薬のMDMAを密輸したとして、神奈川県警薬物銃器対策課は26日、麻薬取締法違反(営利目的輸入)の疑いで、ベトナム国籍で茨城県大洗町磯浜町の建設作業員、チャン・ゴック・トアイ容疑者(27)=麻薬特例法違反容疑で逮捕、処分保留=を再逮捕した。容疑を否認している。

再逮捕容疑は氏名不詳者らと共謀のうえ、営利目的で3月13日、麻薬であるMDMA900錠(末端価格約450万円)を国際郵便物に隠してドイツから密輸したとしている。

同課によると、同月16日、横浜税関川崎外郵出張所の職員が、ドイツから空輸されたコーヒー袋の中にMDMAが隠されているのを発見。通報を受けた同課が袋の中身を差し替えたうえで郵便物の追跡捜査を実施し、今月13日に麻薬特例法違反の疑いで荷物を受け取ったチャン容疑者を現行犯逮捕した。

横浜税関では、ドイツから密輸された違法薬物の摘発例が令和2年は8件であったのに対し、3年は43件と急増していたといい、職員が警戒に当たっていた。

会員限定記事会員サービス詳細