飛行機撮影の「聖地」 大阪・豊中市が公園整備へ 負の遺産再活用

航空機を間近で鑑賞できるスポットとして人気が集まる千里川土手=大阪府豊中市(彦野公太朗撮影)
航空機を間近で鑑賞できるスポットとして人気が集まる千里川土手=大阪府豊中市(彦野公太朗撮影)

航空機を間近に見られる場所として注目を集める大阪(伊丹)空港近くの千里川土手(大阪府豊中市)。世界最大級の米旅行サイト、トリップアドバイザーで高評価を獲得した世界も注目のスポットを観光資源として生かそうと、同市は土手周辺に広がる緑地を公園として整備する方針を発表した。かつて騒音問題などが課題だった大阪空港だが、空港を活用した活性化への動きといえそうだ。ただ、近隣住民からは住環境への懸念を指摘する声もあがる。

口コミで注目

4月の日曜日の昼下がり、千里川土手を訪ねると、約100人ものファンらでにぎわっていた。同府摂津市の男性(55)と妻(52)は「インターネットで話題になっていると聞いて訪れた。着陸間際の飛行機はスピードを落としているのでしっかりと見られて迫力がありますね」と話していた。

「次の着陸は中型機です。風圧に気をつけてください」とボランティアの女性が案内すると、人々はスマートフォンや一眼レフのカメラを片手に航空機を待ち構える。ゆっくりと近づいてきた機体が轟音(ごうおん)を響かせながら頭上を通過する大迫力に、動画で撮影したり、何度もシャッターを切ったりしていた。

子供の頃から千里川で撮影していたという同府池田市の男性公務員(55)は「こんなに滑走路が近い都市型空港は、世界中を探してもない。スマートフォンやSNSの発達で、急に人が増えてきた」と話す。

この男性によると、平成6年に関西国際空港が開港し、大阪空港の国際線がなくなった際には訪れる人は減っていたが、最近になって再び増えてきたという。

一つには、ネットでの口コミなどがありそうだ。トリップアドバイザーは2019年、高評価の口コミを継続的に獲得した場所として推奨する「エクセレンス認証」に、千里川土手を加えた。世界に発信されるスポットとして知られるようになった。

共存象徴の場

こうした状況に、地元自治体も本格的に動き出す。千里川土手は府が管理する土地だが、豊中市は千里川土手に隣接する原田緩衝緑地(仮称、約6ヘクタール)を都市公園として整備する方針を打ち出した。

長内繁樹市長は「千里川土手は豊中市外から多くの人が集まる数少ないスポット」と指摘する。千里川土手と同様、航空機を間近で楽しめる同緑地を開発し、にぎわいをつくろうという試みだ。

同緑地は大阪空港の南東に位置し、新関西国際空港会社から市が無償で借りている。ただ、現在開放しているのは、緑地南部にある「記念樹の森」と「緑化樹木見本園」(火~土曜日、午前9時半~午後3時)のみ。それ以外の場所はイベント開催時を除き、原則立ち入り禁止だ。もともとは騒音対策のための緩衝地となっていた〝負の遺産〟ともいえる場所だったが、新しい名所に変化させる。

市が3月に発表した整備構想では、エントランスゾーン、農と自然体験ゾーン、飛行機鑑賞ゾーンの3つの区域を設置。飛行機鑑賞ゾーンに位置づける展望・芝生広場では、展望デッキやベンチなどを設置して、くつろぎながら離着陸の風景を楽しめる。また、地域の農家が育てた野菜の販売や、バーベキューやピクニックができる施設の整備も視野に入れ、地域の交流拠点を目指す。

空港の近くであるため、建築物の高さ制限や灯火などへの配慮が必要だが、市空港課は「近隣住民の意見を聞きながら、大阪空港との共存を象徴する場所になれば」と期待する。

同市は府にも呼びかけ、将来的には千里川土手も一体となった公園にしたい考えだ。

近隣住民、困惑も

大阪空港をめぐっては、昭和39年にジェット機が就航してから騒音問題が深刻化。近隣住民が訴訟を起こした歴史がある。訴訟は和解したが、現在でも近隣自治会で構成する「豊中航空機公害対策連合協議会」が市などと騒音対策で協議を重ねている。

豊中市が公園として整備する原田緩衝緑地
豊中市が公園として整備する原田緩衝緑地

同協議会によると、千里川土手が注目され、人出が増えたことで「違う騒音を持ってきた」という苦情が住民らから寄せられるようになったという。周辺での違法駐車や、路上にごみを捨てるなどの問題も浮上。24時間出入りが自由なため、夜中も見学者の話し声などが響いているとの事例も報告されている。

緑地周辺は地元住民がよく利用している抜け道などもあるが、公園としての整備後、来訪者の増加による交通渋滞、通学路の安全確保など不安材料は多いという。

同協議会は「緑地整備で住民の生活環境が一変するのは間違いない。静かな住環境を守るためにも、市にはしっかりと説明してほしい」と注文をつける。

市は今後、詳細な計画をつくり、大阪・関西万博が開催される令和7年度にも施設の一部運用を始める予定だ。世界でもまれな航空機の鑑賞スポットをどう活用していくか、知恵が試されそうだ。(格清政典)

会員限定記事会員サービス詳細