モスバーガーが岩手県限定販売「なりもす・ダブルバーガー」 震災復興の10年メモリアル

モスバーガーの『なりもす・ダブルバーガー』を試食する、岩手県の達増拓也知事(石田征広撮影)
モスバーガーの『なりもす・ダブルバーガー』を試食する、岩手県の達増拓也知事(石田征広撮影)

ファストフード大手のモスバーガーが岩手県内12店舗限定で27日から5日間販売する『なりもす・ダブルバーガー』を、岩手県の達増拓也知事が26日に試食した。岩手県内の限定販売は、震災復興のメモリアル店舗である「モスバーガー大船渡店」の開店10周年を記念したもの。

モスバーガーは同県大船渡市出身の創業者が脱サラして起業、今年で創業50周年になる。『なりもす・ダブルバーガー』は、この記念商品で、創業当時の『モス・ダブルバーガー』を現代風の味付けで復刻した。

今年3月に1号店の「モスバーガー成増店」(東京都板橋区)で販売され、好評だった。

モスバーガーを展開するモスフードサービスの中村栄輔社長が同日、達増知事を表敬訪問し、試食が実現した。達増知事は「復興をともに歩いていただいた」と謝辞を述べて、分厚いハンバーガーを頬張った。

会員限定記事会員サービス詳細